カテゴリー
未分類

忙しい中でもすきま時間でウォーキング

仕事と家事で忙しく、お金もないのでスポーツジムをやめてしまったら、運動不足のせいかストレスが溜まっているな、と感じるようになりました。

デスクワークなので身体を動かすことが少なく、そうすると血行の悪さから肩こりや腰痛が出てきます。
こういうちょっとした痛みってストレスになりがちです。

また、身体を動かさないと何となく頭もぼんやりして仕事がうまくいかず、イライラすることに気付きました。
そこで、すこしでも身体を動かしたいのですが、まとまった時間をとることができません。

考えた一つの方法は、少しずつ歩くこと。
出勤の前に少しだけ遠回りして、住宅街の中を10分だけ歩きます。

住宅街なんて何にもなさそうですが、普段歩かない場所を歩くと、「こんな素敵な家があったんだ」などと気付きます。
また、季節ごとに色々な花が咲いていたり、素敵な匂いのする金木犀や、クチナシの香りを楽しんだりもできます。

帰宅する時はエレベータを使わず、自宅マンションの階段を10階まで登って降りて、これもだいたい10分くらい。

高いところに上って遠くの景色をみるのも、晴れ晴れとした気持ちになってストレス解消のひとつの助けになります。
自宅に帰って家事や食事を済ませたら、お風呂に入る前にまたちょっと外に出て見ます。

この時は、時間が多く取れる時もあるので、場合によっては30分くらい歩くことも。

公園の周りなどを歩いて、身体をほぐします。
暗いので、伸びをしたり腕を振り回したりしても、あまり恥ずかしくないのがいいところです。

身体を動かしてから寝るようにしたら、ストン、と寝れるようになったことを実感しています。

休みの日には、少し足を延ばして一つ先の駅まで歩いていき、普段いかないようなスーパーにいくのも楽しいです。

このように隙間時間でウォーキングするようになってから、肩こりや腰痛もあまり気にならなくなり、気持ちもすっきりしたように思います。

家の中や、仕事場などいつも同じ場所の同じ景色ばかり見ているのではなく「違う景色をみながら体を動かす」ということはストレス解消にピッタリと感じています。
よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたいRF美顔器♪

カテゴリー
未分類

適度な運動をすることで気分転換しよう

私は職場での人間関係に悩むことが多く、今では特に苦手な上司がいて精神的にとても疲れます。
まるでパワハラではないかと思うほど口汚く指示をされたり、無理な押し付けもあります。
そうかといって文句を言うこともできませんし、やはり会社である以上上司の言いつけは絶対であり、反発することもできません。

とてもストレスが溜まり、会社を辞めたいとおもうこともしばしばですが、そう簡単にやめるわけにもいきません。
仕事そのものは嫌いではないので、何とか気分転換を図りながらストレスを溜めないような日常を送りたいと考えていました。
しばらくは会社から帰るとすぐに酒を飲んで過ごす日々が続いていました。

酒でストレスを解消するのは良くない、とは心の中にありましたが、それでも酒以外に辛さを忘れさせてくれるものは思いつかなかったのです。
そんなある日、友人が教えてくれたのがジョギングです。
私はもともとスポーツは苦手だから、ジョギングなんて無理だと思ったのですが、酒と比べて健康にいいしお金もかからないから、と考えて始めました。

仕事を終えた後暗くなってから自転車で近くにある広い公園に行き、そこで軽く準備運動をしてからゆっくりと走り始めました。
しかしいざ始めてみると、少し走っただけですぐに息があがるし、足も痛くなってきました。
それでも、疲れてきたら歩いたり立ち止まって少し休んで、また走る、という繰り返しで1時間くらい汗を流しました。

思っていた以上に走れたなあ、と自分でも驚きでした。
そしてそれ以上に実感したのが、あれほどの職場での嫌がらせなどによるストレスが、まるで嘘のようになくなっていたのです。
走っていると、頭の中がまるで無になっているようになり、そして走った後は心地よい疲れがあってとても爽快な気分になります。
ストレスが溜まると酒を飲んだり好きな物を腹いっぱいに食べたりする人が多いですが、健康には決して良くありません。
運動をして気分を切り替えることがとても大切だと思います。

よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたい美顔器マスク♪

カテゴリー
未分類

乳歯が虫歯になった!?ママ、パパに必要不可欠な5つのメソッド

乳歯はいずれ抜け落ちて永久歯に生え代わるから、と乳歯の虫歯を放置するケースも見受けられますが、これはたいへん望ましくないことです。

乳歯をそのまま放置していると、永久歯が生えてきたときに非常に虫歯になりやすくなります。

生え始めの歯というのは虫歯になりやすい状態です。永久歯が生えてきたときには、口腔内は健康な状態にしておきたいものです。

乳歯の虫歯ができやすいのは、奥歯の歯と歯の間の部分です。

よく見ないと気づきづらい場所で、穴があくなど相当深く進行してから見つかることが多いため、普段から注意して見てあげましょう。普段からそこをデンタルフロスを使って、よく汚れを落としておきたいものです。

子供はうまくデンタルフロスを使えないことが多いので、乳幼児期には特に親がしっかりと指導、点検してあげましょう。

歯の色にも注意してあげることが大事です。永久歯の場合は黒くなっている場所が目印となりますが、乳幼児の歯は白いことが多いのです。

それでなかなか気づけないこととなりますので、黒い色だけを探すのではなく、不自然に白くなっている箇所にも注意して見つけてあげましょう。

子供は痛みを感じる機能がまだ不完全で、歯が損なわれていても自分では気づきにくいため、いつのまにか深く進行していたりします。気づくきっかけは痛みよりも、歯に穴が開いてしまってそこに食べもののカスが詰まり、歯ぐきが腫れてしまって痛みが生じるケースが多いようです。

歯ぐきの痛みは恒常的なものではなく、収まったりまたぶり返したりしますので、なかなか深刻な状況だとはわかりにくい面があります。

やはり子供が歯みがきをした後は、ある程度の年齢になるまで親が仕上げ磨きをしてあげて、常に注意深く点検してあげることが大事です。

子供には砂糖を使った甘いものを食べさせないことも大事です。

子供のうちに砂糖の味に慣れてしまうと、甘いものをどんどん求めるようになり、その後も習慣的に食べてしまいます。

砂糖は歯を溶かす速度をはやめ、進行が非常に速くなってしまいますので、歯の健康には大敵です。

甘い味に慣れさせず、甘味にはみりんなどを用いると良いでしょう。

歯のエナメル質はたいへん硬いものですが、乳歯のエナメル質は永久歯の半分しかなく、やわらかいために速く進行してしまいます。

口の中では、食べ物が入るたびに歯が溶け、その後唾液の働きなどで溶けた歯が元に戻るということが繰り返されています。

虫歯がエナメル質にとどまっているなら、唾液の働きで治る可能性もあります。

しかしさらに進行してその下の象牙質にまで到達すると、虫歯はあっという間に広がります。

そのため、少しでも早く発見してあげることが大事です。

乳歯はエナメル質と象牙質が薄く、すぐに神経まで到達してしまいます。

この神経には、永久歯に生え代わる際、根を溶かして永久歯が出てきやすくさせる働きがあります。

大事な役割を持つ神経ですから、しっかりと守ってあげたいものです。

子ども用の歯磨き粉はたくさんあるのフッ素濃度や飲み込んでも大丈夫かhttps://cwill.main.jp/が参考になりました。

辛くない歯磨き粉やチョコレート味の歯磨き粉もあるようなので好みのも製品をセレクトできそうです。

カテゴリー
未分類

懐中電灯の明かりが足りないとき、光をアルミホイルで広げる方法

「懐中電灯が暗い」とお困りのとき、アルミホイルを使って明るくする方法を解説します。

災害時で電力を節約したいときや、突然の停電時で懐中電灯をつけてみたけど明かりが足りない……というときに便利な方法なので、覚えておくと役に立つかもしれません。

懐中電灯の光を広げる方法

一般的なご家庭に常備してあるタイプの懐中電灯は、直線方向を照らし出すように設計されています。懐中電灯の明かりを放射状、できれば部屋全体に広げるには、アルミホイルをくしゃっと丸めてから広げ、シワをつけてから壁や天井に貼り付けてみてください。

懐中電灯の明かりが、壁や天井で反射しますので、ただ単に懐中電灯で1方向を照らしているときよりも室内が明るくなります。このとき、懐中電灯はアルミホイルの方向へ向けて照射してください。

その他、水の入った大き目のペットボトルに懐中電灯の光をあて、そこにアルミホイルを置き光を反射させる方法も明り取りに有効です。ペッドボトルがない場合は、スーパーやコンビニのレジ袋を懐中電灯の光る部分にかぶせるのもアリです。
レジ袋の場合、明かりの照度は少し落ちますが、それでも部屋全体に明かりを広げることができます。

懐中電灯であれば、ろうそくの炎よりも安全に使えるため、二次災害に繋がりにくく子供でも安心して利用可能。懐中電灯をランタンのように使えるため、万が一に備え、防災知識として知っておくと便利ですよ。

ただし、家庭用懐中電灯とはいえ電化製品である点は間違いありませんので、長時間の使用はなるべく避け、発火に注意しご利用ください。

※アルミホイルを使った便利な小技については、以下の記事も参照ください。

アルミホイル裏表の見分け方、アルミ箔を使った便利技を紹介!

最近は、スマートフォンに懐中電灯機能が付帯している機種も多いため、いざというときはスマホのスポットライトでも、明かりを広げられます。スマホで懐中電灯機能を使うとバッテリーのヘリが早くなるため、災害時にはあまりおすすめできませんが、どうしても明るさが欲しいときは試してみてください。